Q:今日30万必要です、即日融資できる方法はありませんか?

母子家庭です。私は派遣社員で、毎月だいたい20万位の収入と母子家庭手当があります。ですが、アパートの更新と子供の入院が重なり、現金で30万円どうしても必要です。銀行で相談しましたが、公的な融資を勧められてしまいました。でも、役所では申込みに様々な書類が必要で、準備するのに1週間はかかりそうです。実際に融資まで1ヶ月以上はかかると言われてしまい、あきらめました。即日融資で30万借りる事は出来ますか?

A:カードローン会社なら、派遣社員でも即日融資が可能です

金利が低い、国などの公的融資は、母子家庭にとっては頼りになります。でも、手続きに時間がかかるのが、公的融資の問題点です。急にお金が必要になった時は、カードローンならすぐにキャッシング出来るのでお薦めです。

派遣社員でも、きちんと収入があるのですから全く問題ありません。年収の3分の1までという総量規制はありますが、年収が240万位でしたら、総量規制上では80万円まで借りる事が出来ます。ただ、いきなり最初の審査では、ギリギリ一杯までは難しいですね。また50万円以上のキャッシングだと、収入証明書が必要になります。

でも、30万円のキャッシングは簡単な手続きですみます。本人確認書類(運転免許証など)以外に、準備しなくてはならない特別な書類はありません。とりあえず、即日融資してもらえる消費者金融でお金を借りて、場合によってはその後に公的融資を申し込んで、最終的にカードローンを返済するという方法もありますね。頼れる所のない事情がある人は、いざという時にすぐにお金を借りる事ができるキャッシングのカードローンを持っていると、安心だと思います。

Q:30万の即日融資、勤続1年でも借りられますか?

勤続1年で、地元の工場勤め、貯金なしです。アパートが取り壊しになり、引っ越しをしなくてはなりませんが、敷金礼金や引っ越し費用の為のお金がありません。銀行のフリーローンを利用しようと思ったのですが、「勤続年数が低いから難しいかも」と言われてしまいました。退去の期日も迫ってきており、即日融資できる所を探しています。

A:勤続年数が低くても、カードローンでキャッシング出来ます

銀行にしろ、カードローン会社にしろ、「お金を借りるには審査が必要」です。審査では、

  • 属性
  • 信用情報

の2つが調べられます。

信用情報は、過去にお金を借りたり、ローンを組んだ時に延滞をしたり、未払いがなかったか、という情報を調べます。質問主さんはその点は問題ないようですね。属性についても「勤続年数」「会社の規模」は見られますが、大きなマイナス要素にはなりません。確かに大企業で勤続年数が長ければ、優良な借り手として認識されます。借入限度額が、多少多めになるという事はあるでしょう。でも、例え勤続年数が1年であっても、消費者金融では「お金を借りられない」という事はありません。

大手銀行の場合には、特に勤続年数がまだ浅いと、信用性が低いと判断されがちです。カードローン会社は、勤続年数が引っ掛かったとしても、「安定した収入」があれば、審査は通りやすく、30万円も即日融資が出来る可能性が高いでしょう。まずは審査を通してみましょう。

Q:父の介護施設料金が支払えない!今日30万必要です

民間の介護施設に入っている父親が、年金だけでは足りずに、毎月の施設使用料を数ヶ月溜めてしまっていました。施設から息子である自分に連絡があり、数日中に延滞分を支払わないと、退去してもらう事になりかねない、と言われました。毎月、父親には少額ながら援助もしており、貯金も使い果たしています。といっても、介護施設を出されたら、自分も働きに出られなくなり、もっと困ってしまいます。実は他社に1件、既に20万程借入しています。こんな自分でも、30万の借入はできるでしょうか? ちなみに年収はボーナスを含めれば300万程あります。

A:他社1件のキャッシングなら問題なし、30万円借りる事が出来る可能性大です

年収300万であれば、その3分の1、つまり100万円まではカードローンでお金を借りる事はできます。ですから、既に他社で20万のキャッシングをしていても、お金を借りる事は出来るでしょう。金額だけでなく、借入の件数も、審査の際にはチェックされます。1件だけの借入で、それなりの年収があるので、審査も問題なく通るのではないでしょうか。

介護の問題は深刻で、長く続きます。消費者金融でまずこの状況を乗り切ってから、地域の公的支援や役所などで相談する事をお勧めします。融資だけでなく、補助金や、民間に比べて費用の安い公的施設に移る事も考えた方がいいかもしれません。こうした窓口での相談は、時間もかかるし、結果が出るまで長いものです。とりあえずカードローンでお金の問題を解決してしまいましょう。現在の介護施設でお世話を続けてもらいながら、同時により安い費用で安心して親の介護を頼めるような支援を受ける為に、手続きをするのがベストですね。